ペンの持ちかたに悩む

スポンサーリンク

本当に、本当にペンの持ちかたが決まりません。

今までも、右手の鏡写しのような持ちかた、そして、左利き特有の巻き込む感じの持ち方の間をいったりきたり。
それぞれ問題があります。

< 鏡写し >

< 巻き込み >

鏡写しの持ち方をした時は、ペンを左に引く動作ができません。
例えば「書」という字の5画目までの横線です。
短い線、長い線、短い線というように、一旦ペン先を左側に持ってくるとき、指にはなんとも言えない強張りがあります。

巻き込む形でペンを持つ時は、ペンの先をキープできません。
筋力がないのか、ペン先がグラグラしてしまいます。
紙の一点にペンを置くことができません。

親指と人差指、中指に均等に力を入れることができないのです。
人差し指に力が入ってペンが下にズリッと落ちたり、横線を弾きたいから、中指の背でペンを押したいのに、なぜか人差し指に力が入ってしまい、両方の指の力が拮抗してその場から動かなかったりします。

持ち方はどうするのがいいのかと、日々悩んでいます。

でも、一旦巻き込み型で練習をすることにしました。
こっちの方が、力加減さえつかんでしまえば、すんなりいきそうだからです。

あとは、これ。

みてください、この字のレベル。
下手すぎる。

これがだんだんと綺麗になっていく過程を味わいたい。

そう思って、巻き込み方式でいきます。

ちなみに、鏡写しの時の字です。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

日本ブログ村 ブログパーツ

【スポンサーリンク】

コメントを残す

*